会員様プレゼント
   会員様プレゼント    

◆フランス、コートドボーヌ地区について
今回はブルゴーニュの中でも「モンラシッシェ」など世界でも最高峰の白ワインを産出する「コートドボーヌ地区」について説明します。




ブルゴーニュ、ディジョンから南に約65km広がる地域はコートドール(黄金の丘陵)と呼ばれる地区。

コートドール地区はコートドニュイ地区とコートドボーヌ地区に分かれており、ボーヌを中心に南北約25Kmに広がる葡萄畑の地域をコートドボーヌと呼んでいます。
 
高品質の辛口白ワイン、コルトンシャルルマーニュ、モンラッシェ、ムルソーを産出しています。

赤ワインは、コルトン、ポマール、ヴォルネー
等コート・ド・ニュイに比べ同じピノ・ノワール品種を使用しているものの、土壌や気候の違いから熟成の早い果実味のある味わいのワインを生みだしています。ニュイに比べ早飲みタイプのワインが多く掘り出し物の赤ワインがあるのも魅力の一つです。

白ワインが有名な地域ですが3分の2は赤ワインが造られています。


◆コートドボーヌ地区
シャコートドボーヌは北はラドワ・セリニ村からマランジュ村まで18のワイン地区があります。

1.ラドワ・セリニ村
赤、白ワインともに造られます。1級畑は11。
特級畑は2つ。1.コルトン(赤、白) 2.コルトンシャルルマーニュ(白) 

2.ペルナン・ヴェルジュレス村
赤、白ワインともに造られアロース・コルトンの1部の畑が含まれます。1級畑は9。
畑は2つ。1.コルトン(赤、白) 2.コルトンシャルルマーニュ(白) 

3.アロース・コルトン村
赤、白ワインともに造られます。1級畑は13。
特級畑は3つ。1.コルトン(赤、白) 2.コルトンシャルルマーニュ(白) 3.シャルルマーニュ(白)

4.サヴィニーレ・ボーヌ村
赤、白ワインともに造られ特級畑はありません。1級畑は22。

5.ショレイ・レ・ボーヌ村
赤、白ワインともに造られ1級畑、特級畑はありません。

6.ボーヌ村
赤、白ワインともに造られ特級畑はありません。毎年11月の第3日曜日に行われるオスピス・ド・ボーヌのワインオークションが有名な地域です。1級畑は44。

7.ポマール村
赤ワインのみ造られる。1級畑は28。特級畑はありません。

8.ヴォルネイ村
赤ワインのみ造られる。1級畑は35。特級畑はありません。ポマールより軽めのスタイル。

9.モンテリー村
赤、白ワインともに造られるがほとんどが赤ワイン。1級畑は15。特級畑はありません。

10.サン・ロマン村
標高が高くかなり高地に畑があります。赤、白ワインともに造られ1級畑、特級畑はありません。

11.オーセイ・デュレス村
赤、白ワインともに造られ特級畑はありません。1級畑は9。

12.ムルソー村
赤、白ワインともに造られるがほとんどが白ワイン。1級畑は30。特級畑はありません。

13.ブラニィ
ムルソーとピュリニーモンラッシェにまたがる村でない地域。1級畑は8。赤ワインのみ造られます。

14.ピュリニー・モンラッシェ村
赤、白ワインともに造られるがほとんどが白ワインで、特級畑のル・モンラッシェは白ワインの最高峰と言われています。1級畑は17。
特級畑は4つ。1.ル・モンラッシェ 2.バタール・モンラッシェ 3.シュバリエ・モンラッシェ
4.ビアンヴニュ・バタール・モンラッシュ

15.サントーバン村
赤、白ワインともに造られ特級畑はありません。1級畑は29。

16.シャサーニュ・モンラッシェ村
赤、白ワインともに造られますが白ワインは特級畑もありとても有名です。白ワインのイメージですが実は生産量は赤ワインのほうが多く掘り出しもののワインが多くあります。1級畑は51。
級畑は3つ。1.ル・モンラッシェ 2.バタール・モンラッシェ 3.クリオ・バタール・モンラッシュ


17.サントネー村
赤、白ワインともに造られますが特級畑はありません。1級畑は13。

18.マランジュ村
赤、白ワインともに造られますがほとんどが赤ワインです。特級畑はありません。1級畑は10。

◆おわりに
ブルゴーニュの中でも代表する白ワインの産地がコートドボーヌになります。
高品質な白ワインを産出している反面、コストパフォーマンスに優れた赤ワインを産出しているのもこのコートドボーヌです。
白ワインはもちろん赤ワインも楽しめるので是非飲んでみてください!

次回はコートシャロネーズ地方についてお伝えします。

ページトップへ